公正証書遺言は自筆証書遺言と比べると、公証人という法律の専門家が関与するので、複雑な内容であっても、法律的に見てきちんと整理した内容の遺言になります。また、方式の不備で遺言が無効になるおそれもありません。
また、原本は公証役場に保管されますので紛失や改ざんの恐れがありません。

当事務所は遺言書を作成する際は、「公正証書遺言」をお勧めしています。
お客様と公証役場との間にたって、サポートいたします。

業 務 内 容料金(税込)備   考
公正証書遺言作成サポート99,000円※1 ※2 ※3 

※ 1 サポート内容
・書類作成に関する打合せ(遺言原案確認、遺言原案最終確認等)
・推定相続人調査(相続関係図作成)
・財産調査(財産目録作成)
・遺言原案作成
・公証人との打合せ
・遺言作成当日の立ち合い(必要な証人2名のうち証人1名
入っています

※2 別途費用が必要なもの
・公証人手数料
・証人1名(当事務所で手配できます)
・戸籍、各種証明書等の取得費用
・必要書類取得にかかる郵送料、定額小為替等

※3 当事務所で遺言書を作成されたご依頼者様は、遺言書を作り直す場合、上記料金の半額で承ります。

ご夫婦同時に公正証書遺言を作成の場合は、「ご夫婦プラン」として1名様分を半額にさせていただきます。
(例)99,000円+99,000円=198,000円 → 99,000円+49,500円=148,500円

1.お問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2.ご相談
・当事務所にお越しいただくか、お客様のご自宅に伺います。
・遺言書に関する説明と概算の費用について説明いたします。
・行政書士は守秘義務がありますので、安心してご相談ください。
・ご依頼のご判断はご相談後で結構です。

3.調査・必要書類の収集
・戸籍謄本などの収集
・推定相続人調査及び推定相続人関係説明図の作成
・財産調査及び財産目録の作成
・遺言書原案の作成

4.原案の検討
・遺言書原案のご確認

5.公証役場への作成依頼
・遺言書原案の打合せ
・公正証書作成日の調整及び予約

6.公正証書遺言作成
・予約の時間に公証役場にお越しください

7.公正証書遺言の完成
・遺言書の正本及び謄本を受領します
・収集した戸籍謄本、相続関係説明図、財産目録等をご納品
・費用の精算

以上が公正証書遺言完成までの流れとなります。
ご依頼から完成までの期間は、概ね1ヶ月から1ヶ月半程度です。

目的の価格手数料
100万円以下5,000円
100万円を超え200万円以下7,000円
200万円を超え500万円以下11,000円
500万円を超え1,000万円以下17,000円
1,000万円を超え3,000万円以下23,000円
3,000万円を超え5,000万円以下29,000円
5,000万円を超え1億円以下43,000円
1億円を超え3億円以下43,000円に超過額5,000万円までごとに13,000円を加算
3億円を超え10億円以下95,000円に超過額5,000万円までごとに11,000円を加算
10億円を超える場合95,000円に超過額5,000万円までごとに11,000円を加算

具体的計算方法
1.遺言公正証書の作成手数料は、遺言により相続させまたは遺贈する財産の価額を目的の価額として計算します。
2.遺言は、相続人・受遺者ごとに別個の法律行為になります。数人に対する贈与契約が1通の公正証書に記載された場合
 と同じ扱いです。したがって、各相続人・各受遺者ごとに、相続させまたは遺贈する財産の価額により目的の価額を算出
 し、それぞれの手数料を算定し、その合計額がその証書の手数料の額となります。

電話によるお問い合わせ

TEL:090-1035-2830
受付時間:8:30~18:00
(土・日・祝日は除く)
すぐに電話に出られないことがございます。
恐れ入りますが、留守番電話へ何かメッセージを残していだけるとスムーズに折り返し対応できます。ご協力をお願いいたします

メールによるお問い合わせ


問い合わせフォームは365日、24時間受付
(返信は原則12時間以内に送信いたします)